斬新なRPG イメージを形に!山の絵を描いてみた。こりゃだめだww

ぼんごれ

この理想的で斬新なRPGのシリーズも、そろそろ画像を見て具体的にしていきたい。
そこで俺は俺の画力を確かめるために、山のヘアピンカーブの絵を描いた。
なんでこれを描いたのかは俺も知らないけど、山のイメージでとにかく描いた。
これは・・・自分でも驚いた。描いてる途中は適当で、どうしようもなかったんだけど、
サムネを見たら、ありっちゃーありなんじゃねーか?これ。
まあ大きい方から見てくれw。
yama_heapin
山のヘアピンカーブの場所を書いたんだ。石垣で土留めがしてあって、
谷側は幹が曲がった木が茂ってる。石垣の所々に草が生えてて、コケとかも生えてる。
スプレーを噴いた部分も山の中だから、本当は木が生い茂ってる。
まあこんな感じです。こういうのしか描けません。本当に適当な絵です。

次に、サムネにした時の画像がこれだ。サムネはもう少し小さいけどね。
yama_heapin_syukusyou
なんつーかさ、密度が上がって薄眼で見れば無くは無いなと。OKを出せる絵じゃないけど、
上の大きい絵から比べたら、まずまずの評価にならない?www
石垣もなんか古ぼけた感じになって、良くはないけど悪くもない、みたいなww。
そんな面白い絵になったので、密度を上げればいいんだって気付いたw。

と言う訳で、俺には絵のセンスが無いことが解りました。じゃあどうするか。
そこで俺は考えた。山の写真から街の写真、海の写真ていうふうに、道を基準にして
写真をつないでいったらどうだろうか。
山道~峠道~林道~里山~町~雑木林~大きな街~海って感じで、
道がある写真を使って、その道を別の写真につなげていくんだ。風景は変わるけど、
道があるから繋がってる感じに見えるんじゃないかな。このアイデアどうだろう。
その写真を使わせてもらえるサイトも見つけました。

リンク集にもある、写真素材 足成さんです。

無料で登録要らず、それに写真にロゴとかも入ってない!打って付けのサイトさんです。
この利用方法はプロのカメラマンじゃなくて、アマのカメラマンだからなんでしょうね。
今度から本格的に利用させていただきます。
足成さんに限らず、同じように利用できる素材サイトさんから写真をお借りして、
イメージを膨らませようと思います。

まーその前に、ゲーム内の道や都市の場所を考えたり、雰囲気も考えないとね。
文章だけでは伝わらないことも画像にして、俺自身もイメージを膨らませよう。
つかさ、俺みたいなブログを書いてる人っているのかな?
ゲームが作れないから、理想のゲームを文章にして伝えるブログ。珍しいのかな。
どうなんだろう。ゲームを作ろうとすると絶対に投げ出すから、記事にする。
これなら俺でもできる。理想的で斬新なオープンワールドのRPGを記事にする。
そういうブログさんとも相互リンクとかして、情報交換したいな。

まずは地図を作るか!それと、これも貼っとこうか。
斬新なRPGシリーズ 中ボス・ラスボスはどんな奴が良い。リアルとゲームの距離の差の話
この記事のスカイリムの面積や距離の話。これも参考になるんだ。面白い記事だよ。

それじゃこの辺で。お疲れ様でしたー。
ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
桃太郎伝説や桃鉄、メタルマックス、天外魔境などのゲームデザインやシナリオに関わった、
ゲームデザイナーの桝田省治さんの本です。最新作は『俺の屍を超えて行け2』です。
どれも俺の苦手なゲームだな。やっても数時間。ハドソンゲーは眼中になかった。
当然持ってない。
この本はゲームクリエイターの桝田省治氏が手掛けた、数々のゲームに関する経験談や、
失敗談、成功談を元に、ゲームアイデアの発想の元となるこの人ならではの面白い着眼点や、
ゲームのアイデアを形にする方法など、若手クリエイター向けにゲームを教える本です。
本の中に手掛けたゲームの話が出てくるので、それをプレイした事のある方なら理解できる
と思うけど、俺は知らないから解らないな。プレイしたことが無いゲームばかり。
外表紙そのままのラフな感じで書かれてるから、読み手が堅苦しくなることは無いです。
ただ、ゲームクリエイターならではの物事の見方つか考え方、発想の仕方、いつも考えてる
そのパターンが人とは大きく違うのは解るわ。普通の人じゃ考えもつかないことを、
いつも考えてる感じ。だから斬新な発想がポンポン出てくるんだろうね。それは俺も分かる。
思考パターンが違うんだ。誰かに話せば「あんたちょっと!頭おかしいんじゃない#」
て言われてもおかしくない考え方の持ち主なんだ。
当たり前のことを当たり前じゃなくする。それにはこういう思考パターンが必要ってことかな。
面白いねw。日常を非日常に変える桝田マジックが書かれている本です。技だね。
桝田作品をプレイ済みの人なら、話がより理解できると思うよ。読めば何かしらヒントを
得られる本じゃないかな。だって発想が根本から違う人だから、まったく新しい、別の
アイデアが浮かんでくるかもしれないでしょ。そういう珍しい本ですよ。面白い本だね。
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply