斬新なRPG 魔法回その7 忍術をまとめた

ぼんごれ

和風のRPGだから忍者は外せないな。忍術は対象を暗殺する為に生まれた武術。
情報を盗むために屋敷に潜入する、諜報と暗殺技術、闇夜での行動術、護身術、
薬学や火薬の取り扱い、忍者専用武器の取り扱い、偽装工作など色々ある。
忍者はいたと思うけど、忍びの者の情報ってのが世に出てるのが少ない。
ナルトでも抜け忍とか必死で探してたし、忍者の情報が外部に漏れるってこと自体が
忍者の一大事だからね。一族の存亡にかかる一大事。情報が少ないのが解るな。

忍者が動物に化けたりはさすがにないけど、変装は絶対にしてたはず。
黒装束がイメージしやすいけど、あれほど目立つ格好も無いよね。
目立たないのが忍びなのに、目立ってどうするよww。原因は映画だろうね。
海外の忍者好きに、忍びはぼろを着て鍬持ってた、なんて言ったら
どんな反応を示すのか興味があるわw。

そんじゃ理想的で安心なRPGの忍術、まとめようか。

忍術
    体術
  • 忍者独得の素早い体さばきの他、柔術、拳法など近接格闘術を学ぶ。
    これと合せて、武器を使った剣術や武器術の体の使い方を学ぶ。
    他には逃走中に使用するジャンプ、敵をやり過ごすための木への飛びつき、
    視覚を混乱させる上下の動きや意表をつく攻撃を学ぶ。
    基礎的な受け身も重要。

    剣術
  • 目立たないために脇差や小刀などの忍者刀を使う武術。
    刀よりも短い為に、超接近戦用の武器の使い方や体の動かし方を学ぶ。
    場合によっては普通の刀や、より大きな武器も扱う。

    吹き矢
  • 風受け(矢)の先端に毒を塗って対象を遠距離から暗殺する。
    弓矢ほどの飛距離は無いが、人で密集した状況下では弓矢よりも勝る。
    吹き筒の形は八角形や円筒形に木を加工したものや、竹の内側を均等に加工したもの、
    和紙を丸めたものなどがあり、それぞれの筒の内外に漆を塗ったものがある。(ウィキペディア)
    日本での風受けの材質は、竹を細長く鋭利に加工した針に、動物の皮・樹皮・布を
    加工して作ったものがある。時代劇などで代表的なのが紙を円錐形に加工したもの。
    その針の先端に毒を塗って、暗殺に使われた(が、定かではない)。

    手裏剣・苦無(くない)・まきびし
  • 元々遠距離攻撃武器で、対象を傷付けることはあっても殺傷能力は無い。
    それを高めるために毒を塗っていた。これらは戦いが終わると、武器の形で
    身元・集団がばれる為に回収していたらしい。
    投げっぱなしの時代劇とはちょっと違うのが面白いw。
    手裏剣も苦無も1対1の近接攻撃には向いてない。集団でいる敵陣に見当をつけて投げて、
    傷を負わせて体力を削らせる為の、補助武器だったらしい。
    まきびしは逃走用にばら撒いて、追ってこさせないように敵の足を止めるのが目的。

    武器術
  • 暗殺専用武器の武術。鉤爪や鎖鎌などがこれにあたる。
    お百姓(農家)に変装して対象を安心させ、持ってて当たり前の鎌(鎖鎌)を武器に
    対象を暗殺する。邸宅潜入任務や格闘武器として、または城に潜り込むときにも鉤爪を使う。
    鎖鎌や鉤爪などの武器を使った武器術は、任務遂行のために大事な武術。

    弓術
  • 普通の弓を使うこともあるが、半弓という忍者専用の小さい弓も使う。
    偽装しても小さけりゃバレないし、忍者は目立たないことが重要。

    変装術
  • 対象を心理的に安心させるため、情報収集するために、町人や農民などに変装する。
    これよりも大事なのが、階級社会の為にしきたりや常識、言葉が違う。
    この技術を体得できていないとバレてしまうため、見た目以上に重要。

    侵入術
  • 城や邸宅、屋敷、蔵などに潜入する為の技術。
    鍵開けの技術もこの中に入る。

    野戦術
  • 野山の物を食べて生きるための技術。山林での戦闘術。サバイバル技術。
    食べ物の他に水の調達、方位測定などの技術。

    芸事
  • 茶道や華道、日舞などの伝統芸能や、軽業(曲芸)、手品(水芸)などで
    目線を引き付けたり、対象を安心させたり、情報を引き出すなどの諜報活動にも
    このような芸事は役に立つらしい。

    遁術
  • 火遁の術などの遁術(とんじゅつ)。逃走時に敵を足止めするのが遁術の目的。
    火遁、水遁、土遁、木遁、金遁の五つを特に五遁という。(らしい)
    火遁は物を燃やして煙幕を作ったり、炎上させている間に逃げる。
    水遁は水音を立てて気を引く。水に潜って管を水面に出して隠れる。(ハットリくん)
    木遁は草や木の枝で罠作ったり、時代劇の材木の山を崩してぶちまけるシーン。
    あれで追手の時間を稼ぐんだ。
    金遁は銭を撒きながら逃げる。人が寄ってきて人垣が出来て、追手の時間を稼ぐ。
    土遁は土や石を相手の頭目掛けて投げ、時間を稼ぐ。
    または地面に這いつくばり、消えたと思わせて追っ手をまく



他には薬の薬学や火薬の取り扱い、栄養学は兵糧丸や水渇丸、みそ団子とか。

ほとんどウィキペディアの情報だわ。だって俺忍者じゃないし、経験すらないしw。
とにかく解らない事だらけ。テキストデータはあるけど、画像データはもちろん、
映像なんて絶対にない。あるのは現代風にアレンジされたものばかり。
鑿(さく)ってのがあって、先端が丸くなった、
五寸ほどの細い鉄の棒状の道具。開錠に使用される。ってのがわかっても、
現物と使い方の映像を見ることが出来ない。
画像検索で出てくるのは、大工道具のノミばかり。この中に(さく)があるのか分からない。
画像があっても達筆すぎて、今の言葉と違い過ぎて、俺が読めないw。
困ったね。

カギ開けの方法もまだ全然まとまってないし、俺がイメージできてない。
SKYRIM以上に面白い鍵開けの方法のアイデアはまだ浮かばない。
解らないことだらけだから、俺が妄想できなくて記事もまともに書けない。
とりあえずこれで1回上げます。いつまでも下書きのままじゃ良くない。

あ!大事なこと忘れてたわ。MH3の世界観で現実を架空に置き換える。
リアルなことをゲームの世界に面白く取り入れる!
これが大事。じゃないと俺のアイデアが浮かばなくなる。記事が書けなくなる。
これは忘れちゃだめだな。うん。この記事はまた練り直そう。難しいけど、楽しくねw。
ちょっとそろそろ世界観の絵が欲しくなるな。アイデアの出発点が欲しいわ。
リアルすぎてもダメ。架空過ぎてもダメ。リアルとゲームのバランスのとれた絵が欲しい。
発想のアイデアの元となる絵が欲しいんだ。それがあればイメージしやすくなる。

それじゃ今日はこの辺で。お疲れ様でしたー。
忍道 戒
忍道 戒
忍者ゲーと言えば天誅と忍道に分かれる。しかも最近の忍者ゲーで最高峰との
呼び声が高く、レビューも高評価、かつゲーム内容が高速ステルス爽快忍者アクション!
スピード感あふれる忍者ゲームと言えば、俺はこの『忍道 戒』をおススメします。
未プレイだけどね。なんで俺が忍者ゲーが苦手かというと、スピード感のない、
ただ斬るだけのゲームだと思ってたからなんだ。操作も割と単純で、眼中になかったからなんだ。
この理由は昔の忍者くんとか影の伝説などの影響で、忍者ゲーとはこういうものって
頭に刷り込まれてたんだよね。俺の中の忍者ゲーの時代が今変わったわw。新しくなった。
天誅もプレイ動画を見たんだけど、俺は忍道のほうが面白いと思う。これは斬新だろ!
次世代機のゲームが面白いとは限らない、いい例だと思うよ。
このゲームは15歳以上の年齢ならプレイできるっていう、制限があるんだ。暴力シーンがあるからね。
この年齢以上なら問題なくプレイできますよ。ステルスゲーっていったらMGSが代表的だけど、
これは日本がイメージソースだし、見たことのありそうな風景が広がってる。
だから凄く身近に感じるんだ。MGSに猫は出ないしなw。家屋も昔の日本建築だから、
イメージしやすいんだ。畳があって漆喰(しっくい)の壁で、瓦屋根。縁側もある。
こういうありふれた風景の中に、忍者が一人。この光景で面白くない訳ないだろww。
俺はこういうのが好きなんだ。うん。日本的なポイントを一つ上げてみようか。
死体を放置すると、敵に発見されるまでの時間が早いから、死体を隠すんだ。
そうして時間を稼ぐ。忍者はどんどん移動するから、敵が死体を発見しても既に遅し。
死体を担いで一カ所にまとめて隠す。こんなゲームある?斬新だと思うわw。
忍者が一々カッコいいんだ。面白い忍者ゲーを探してるなら、これは斬新で面白いぜ!
関連記事
Posted byぼんごれ

Comments 2

There are no comments yet.
玉の緒  
No title

こんにちは。
>>黒装束がイメージしやすいけど、あれほど目立つ格好も無いよね。

本当の忍者は黒装束ではなく、赤茶色?の衣装だったらしいです。
その方が月明かりの夜にも目立たないとかで。

それと松尾芭蕉が実は忍者だった説もありますが、ご存知ですか?

2014/08/12 (Tue) 09:42 | EDIT | REPLY |   
ぼんごれ  
No title

玉の緒さんこんにちは。
忍者装束の本当の色は、柿渋とかが原料の赤茶色だったみたいです。
おっしゃる通り!
芭蕉の忍者説は知ってました。あの歳で日本中を旅できたのは忍者だからだ、つーのが理由らしいですね。
じゃあ、あの人、日本中を計測して地図を作った伊能忠敬も忍者でもおかしくないんじゃないかと。

コメントありがとうございます。
また遊びに来てくださいねー。

2014/08/12 (Tue) 12:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply