主人公を弓矢から守るために、戦闘・鍛冶・付呪を楽しむために盾と大砲が必要

0
純朴な主人公が生まれ育った村は、山間の厳しくて生活感があって懐かしさに包まれた神木村の続き日本古来の防具として、盾はあったのか。刀は重い。だから両手で扱っていた。日本刀は攻めも守りも出来る万能な武器なんだよね。だから盾が必要なかったかららしい。盾が無いからと言って、腕に装着するガントレット的な防具を装備したとしても、刀の切れ味が勝るんだ。だから、それ位のガントレットを装備したとしても骨を断たれたら...

スリングショットと丈夫な袋と小石と砂。これが子どもの武器だ。和風RPG

0
和服のインベントリと武器使用スキル 剣術からの枝分かれと攻撃方法の続き。和風RPGのアイデアで、仮に主人公が子どもだったらどうなるか。ちょっとゲーム的にありえないけど、考えてみたい。そもそも『強い人』ってのは、相手との距離をどんどん近づけていける人だと思う。「前へ、前へ」って距離を縮めていける人は、戦闘に慣れた人。それには本格的な剣術や体術を体に覚えさせて、相手の攻撃をかわせる人。だけど、6~7歳く...

和服のインベントリと武器使用スキル 剣術からの枝分かれと攻撃方法

1
戦国時代で丁稚奉公に出されて主人公が交代するオリジナルRPGのアイデア考えたの続き。いわゆる『何々時代』ってのはさ、後世の人が付けた名前だよね。その当時生きてる人はそんなの知る訳ない。知るとしたら元号?寛永何年とか元禄とか。それで時代が変わるのが分かる。うん。で、元号っていつの時代もあったっけ、まーいいか。そうそう、武器なんだけど、その前に持ち物がほぼ無限に持てるのってありえないし、嫌だ。せいぜい武...